歯並び・噛み合わせ



歯並びの悪さは、歯の隙間に食べかすが残りやすくなり、
虫歯や歯周病になる危険性を高めます。


また、噛み合わせが悪いと、歯の一部に負担がかかるばかりでなく咀嚼(嚙み砕き)が十分にできないために内臓や脳にまで悪影響を及ぼす可能性があります。どちらも子どものうちから治しておくことをおすすめします。

矯正歯科

以前は「矯正は永久歯が生え揃ってから」と考える方が多かったのですが、今では、「それ以前の段階から矯正(準備矯正)をしたほうがいいケースが多い」という考え方が主流になっています。
実際に、完璧な美しい歯並びを求めるのでなければ、準備矯正で十分に矯正できますし、大人になって歯や体に負担がかかることも防げます。

矯正歯科は通常の治療と異なり、専門的な知識を必要とする治療です。
当院は、経験豊富な女性の専門歯科医が務めております。
それぞれの症状にあった、最適な矯正を行っていきますので、矯正器具や費用など、どんなことでもご相談ください。もちろん、大人になってからの矯正も行っています。

南部歯科 矯正担当医紹介

矯正担当医 鈴木香葉

■診療時間
月一回第4木曜日4時から診療

■経歴
日本大学松戸歯学部1997年卒業
松戸歯学部矯正歯科学教室現在も在籍
日本矯正歯科学会認定医
日本アンチエイジング歯科学会認定メディカルアロマコーディネーター
NARD JAPAN認定メディカルアロマアドバイザー
スタジオHOWフェイスストレッチングインストラクター

■診療内容
拡大床、構成咬合装置、T4K、ワイヤー矯正、舌側矯正、インビザライン等各種矯正

顎関節症の治療

顎関節症は、口を開閉するときなどに、顎を動かす筋肉や顎の関節に痛みや違和感を覚える症状です。転んで顎をぶつけたことがあったり、普段から顎の関節がカクカクと鳴ったりする方に多く見られます。

 

ほかに「歯並びが悪い」「歯ぎしり・食いしばりをする」「親知らずがある」といった理由で顎に負担がかかっている方も、顎関節症になりやすいといえます。顎関節症は、頭痛や肩こりの原因にもなりますから、しっかり治したいものです。

 

治療としては、噛み合わせを正す咬合治療と、就寝時にマウスピースを着用していただくスプリント療法が広く行われています。
石川台の南部歯科では、優秀な歯科技工士がマウスピースを作製し、スプリント療法の効率を高めています。ほとんどの場合はこれで治りますが、より高いリスクを伴う治療や手術が必要な場合は、十分な検査を行ったうえで顎関節症の専門医に診ていただけるよう患者さまに提案しています。