院長紹介

院長より 

院長 南部暁生(なんぶ・あきお)

歯科医を長年続けてきて、治療に対してさまざまな思いが生まれてきました。そのひとつが定期検診の重要性です。かかりつけの医師が患者さまの口内の状態を常にチェックし続けることが、歯に負担のかからない治療につながるのです。

 

また、子どもたちにブラッシングの大切さを伝えることも非常に意義のあることだと考え、小学校の学校歯科医も務めています。お子さまからご高齢の方まで、丈夫な歯を守る手助けをいたします。

経歴

昭和62年10月より3年間 日本大学松戸歯学部保存修復学教室助手
平成2年4月 大田区石川台に南部歯科開院
平成5年4月 ブローネマルク・オッセオインテグレーション・センター東京(小宮山彌太郎所長)にてインプラントを研修
平成11年3月 AQBインプラントセンター設立
平成12年3月 日本大学松戸歯学部微生物免疫学教室兼任講師
平成15年1月より4年間 東京都国民健康保険団体連合会診療報酬審査委員
平成15年4月 歯科医師臨床研修指導医・施設指定
平成23年4月 新東京歯科衛生士学校臨床実習指導医・施設
平成24年4月 大田区立雪谷小学校 学校歯科医

所属

  • 日本歯科医師会
  • 日本歯科保存学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 東京都歯科医師会
  • かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所認定