CLINIC BLOG

2017.10.31更新

犬歯が埋まったままで唇側から飛び出したしまった症例です。やはり歯石が付着して不潔になりやすいですね。患者さんと相談して抜歯することにしました。この場合、周りの組織を傷つけないのはもちろんですが両隣の歯を傷めないように慎重に抜くことを心がけて注意を払います。犬歯も分割せずうまく抜けました。あと

はきれいに縫合して抜歯窩を安定させます。

犬歯

犬歯2

犬歯3

 

投稿者: 南部歯科

2017.10.30更新

当院は、普通抜歯、難抜歯、埋伏抜歯を原則すべて行います。この中で難抜歯とは根が湾曲している、根が肥大している、骨と癒着している等により簡単に抜歯できないものをいいます。そのため歯を分割して丁寧に抜いて行かなければなりません。(分割抜歯)急いだり、焦って抜くと根の先が折れてあごの骨に残ってしまうこともあります。やはり抜歯はしっかり診査し、十分麻酔を利かせて、時間をとって、ゆっくり抜くことが大切です。

 

湾曲

投稿者: 南部歯科

2017.10.26更新

総義歯とは総入れ歯のことですが、当院はほとんど保険内で製作することが多いです。以前から総義歯を入れている方と初めて総義歯を入れる方とではことなりますが、装着時装着後の違和感、痛み、吸着、長時間の装着、発音、味覚等さまざまな角度から製作、調整を行い患者さんの期待を裏切らない入れ歯の装着を心がけております。また入れ歯の取扱いや保管に関しても十分説明をさせて頂いておりますのでわからない点は遠慮なくお尋ねください。

たまに希望がある保険外の金属床の製作には患者さんのご負担が大きい分特に結果が求められます。下写真そうぎしさんそうぎしそうぎしに

投稿者: 南部歯科

2017.10.04更新

平成10年に東京都歯科医師会からの資料なのですが今でも説明する際、活用しています。

あ あごへの影響(しっかりとした骨、歯肉、身体を育てる)

い い腸への消化吸収を早める(唾液の働きで細菌を退治する)

な なんでも食べて成人病予防(食事のバランスがよい)

の のうに刺激を与える(脳の血液量が増加)

だ だ液でガン予防・だイエット効果ありよくかむよくかめる

投稿者: 南部歯科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • 治療方法  (0)