CLINIC BLOG

2017.11.06更新

通常の歯の本数より多く歯牙が存在している場合、これを過剰歯と呼びます。過剰歯は前歯部に良く見受けられますがまれに臼歯部にも存在します。これは親知らずの抜歯の際に見つけた過剰歯です。歯は適切な数によりかみ合わせが決まっていますので余分にあるから良いわけではありません。たいがいの場合は虫歯、不潔による歯周病、歯列不正の原因になりますので抜歯致します。

過剰歯

過剰歯2

投稿者: 南部歯科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

  • 治療方法  (0)